木の家

外壁塗装業者には4つのグループがあります

赤い屋根の家

外壁塗装は材質・状態・作業面積などが建物によって千差万別です。そのため塗装費用は常に不透明であることを免れえません。しかし、わからないからといって当てずっぽうに業者を選ぶと思わぬ高額出費を強いられることになりかねません。そして値段のわりに質の低い仕事がされることもあります。
そのようなことにならないために、複数の外壁塗装業者の見積もりをとって比較検討することが必須です。外壁塗装会社は大きく分けて4つのグループに分類されます。住宅メーカー、工務店、リフォーム業者、塗装業者です。各外壁塗装業者の特色をまとめてみました。
住宅メーカーは全国展開をしている大企業が多いので安心感がありますが、実際に仕事をするのは下請け・孫請け会社です。そのため中間マージンが多く発生し高額になる傾向があります。
工務店は新築建築が主な業務ですが、外壁塗装も手がけます。塗装は下請けに任されることが多く、中間マージンが発生します。リフォーム会社の場合は、もともと工務店のところもあれば、内装業者の場合もあり、得意分野に大きなバラつきがあります。会社ごとの得意業務・実績をしっかり調べましょう。塗装業者は自社の職人が実際に仕事をおこなうのでノウハウもあり、価格も低く抑えられます。地元業者が多いので、地元の評判・施工実績を確認します。
外壁塗装の各業者の特色を把握したいたうえで選定しましょう。