木の家

これからの外壁塗装は高耐久性塗料で

家の積み木

外壁塗装の作業工程には足場およびメッシュコートの設置、各種マスキング、高圧洗浄、外壁塗装、足場およびメッシュコートの撤去などがあります。塗料を塗る作業以外の多くの作業が必要になることがわかってもらえると思います。
このことを理解すると長い目でみた時の費用節減をはかることができます。つまり外壁塗装の回数を減らすことが大切になります。そのためにはできるだけ耐久性の高い塗料を使用することが必要になります。従来のウレタン・シリコン樹脂の塗料に加えて、新しい素材を使った塗料が開発・実用化されて急速に普及しています。高い耐久性を持つフッ素塗料・光触媒塗料について説明します。
フッ素塗料は太陽光の紫外線にも強いフッ素樹脂を主成分としているので、汚れもつきにくく、耐候性に優れています。そのため15年以上にわたる耐久性が期待できます。一方従来から一般的だったウレタン・シリコン樹脂塗料は10年程度の耐久性です。
一般住宅用塗料として最新の光触媒塗料は太陽の光と雨水で汚れやカビを落とす塗料です。塗料に含まれる無機化合物が酸素と水に反応して油分などを分解する能力を有しているからです。そして水を弾く(撥水性)のではなく、親水性なので水がなじみやすく雨水の力で汚れを落とすことができます。20年ほどの耐久性です。
これらは塗料自体は高価でも外壁塗装の回数が減らせるので総合的にみてお得です。